2016-07-31_220911
前回の続きでもっともっとデュタステリドです。

いよいよデュタステリドが販売となりました。
では、「それにともなって、人気がでてくるのでしょうか?」

ん~、どうなんでしょうか ( ̄へ ̄|||) ウーム

いよいよと言っても、デュタは昔からあったわけで・・・

ま、でも何はともわれ、デュタについては知っておいた方がいいでしょう。

 

色々と学んでいけば、
「フィナステリドとデュタステリドではどっちを選ぶべきなのか?」
というのは、見えてくるはずです。


あとは、デュタステリドはフィナステリドと違い、
どのぐらいの量を服用すれば適切なのかというのが、はっきりしていません。

 そういったことを踏まえ、髪を復活させる為の具体的な方法をお伝えします。

デュタステリドが入った薬の種類

デュタステリドもフィナステリド同様、病院で処方してもらうか個人輸入にするかになります。

【病院で処方してもらう場合】

  • ザガーロカプセル・・・病院のみで入手。唯一AGAの治療薬として販売されているもの。
    デュタステリド0.1mgと0.5mgがありますが、病院では0.5mgがメインでしょう。価格は病院によるが9500円/30錠くらいです。
  • アボルブ・・・前立腺肥大の治療薬の薬をAGAの治療薬として販売。ザガーロが販売されたのでAGAの治療薬としては用なしなのかな。
    アボダートの日本での商品名。
    デュタステリド0.5mg、AGAのクリニックでは約6200円/30錠

 

【個人輸入の場合】

  • アボダート・・・デュタステリド0.5mg,GSK(グラクソスミスクライン社)による前立腺肥大の治療薬。約3217円/30錠 3217円/1か月
  • デュタス・・・デュタステリド0.5mg、アボダート(日本での販売名称アボルブ)のジェネリック医薬品。約12458円/300錠 1245円/1か月
    人気の商品です。

  • デュタステリド (Veltride)・・・デュタステリド0.5mg、アボルブのジェネリック医薬品。約10165円/300錠 1016円/1か月
    新商品で、これからデュタスに変わり、こちらの方が人気が出そうです。


こうして見ると、AGAとしての治療薬はザガーロカプセルだけですが、中身は同一ということになります。

ややこしいですが、ザガーロカプセルもアボルブも中身は一緒です。アボルブもアボダートも一緒、基本みんな一緒です。

それでも病院で処方される物でないとイヤだという人は、ザガーロカプセルということになります。

一般的には個人輸入で購入という形が多いと思います。 その中でもデュタスを使っているという意見が多いです。ただ、新商品のデュタステリド (Veltride)もコスパ的にもいいです。僕のオススメは、この二つのどちらかです。

デュュタステリドの服用量

フィナステリドではほとんどの人が1日に1mgを摂っています。 ではデュタステリドはどのぐらい服用すればいいのでしょうか?

dhutakouka

臨床試験のデータを見るとわかりますが基本的な考えは デュタステリド0.1mg=フィナステリド1mgとなります。

ザガーロカプセルの種類が0.1mgと0.5mgということから、1日の摂取量は最低0.1mgで、多くても0.5mgまでという考えでいいと思います。

では、1番効果が望めそうな1日に0.5mgという形がベストなのでしょうか?

医者ではおそらく1日に0.5mgがメインでしょう。しかし、医者ではなく、ネットを色々見ていると毎日0.5mgというのは摂りすぎであるという意見が多いです。僕もそう思います。

フィナステリドやデュタステリドというのは髪が回復したら、もう使用を止めるという薬ではありません。

回復しても飲み続けなければ維持をしてゆくのは難しいのです。 よって服用し続ける薬なので、副作用的にも多めに摂るというのは好ましくありません。

そしてこれはとても重要なことですが、デュタステリドは半減期が長いということです。
半減期とは、薬成分の血中濃度が半分になるまでの時間のことです。

フィナステリドの半減期が3~5時間なのに対し、デュタステリドは3~5週間だそうです。 半減期が長いと薬の効果が長続きしやすい反面、肝臓への負担が大きくなります。 よってデュタステリドの場合は2、3日に1回0.5mgで良いと思われます。

ちなみに毎日0.5mgを摂ると血中の薬物の濃度は上がり続けるのか?ですが

aborub

このグラフはアボルブを1日に1回0.5mgを6ヶ月摂った時の血中濃度ですが、 ほぼ横ばいであまり心配はいらないようです。


【デュタステリド服用量の結論】 最初の1ヶ月は毎日0.5mgでその後は3日に1回0.5mg というのがオススメの飲み方です。

デュタステリドは効き始めるのも時間がかかるので、最初は大目の方が良いということです。あとは3日1回ぐらいが良いという意見が多く、副作用的にもこの位がベストだと思います。

デュタステリドとフィナステリドの併用は有効か

この問題も服用量と同じくよく議論される話題です。

フィナを週5、デュタを週2などのように併用している人も多いです。

実際にフィナ単独から併用に変えたら、かなり良くなってきたという人もいます。 逆に併用は良くないと意見もあり、一体どちらが良いのでしょうか?

【ザガーロの説明会に行った人の意見】
耐性がつくのかどうかは、現時点では不明。
韓国やアボルブの使用実績を踏まえても不明。
製剤的特性はアボルブと変わらない。 色が違うだけ。
フィナステリドで十分な効果が得られなかった者を対象に行った試験では 有効性が認められた。
しかし対象者の2割はザガーロも無効だった。
フィナステリドとの併用の有効性や安全性は確立されていない。 GSKとしては同じ作用機序の薬剤のため併用は推奨できないとのこと。
乳がんリスクについては、プラセボ群でも発症例があり、ハッキリしない。 とはいえ、注意喚起はしているとのこと。

ということで、ザガーロカプセルの開発側の話では併用は推奨できないとのことです。

それと、同じ作用の薬剤の併用は、お互いの薬効を減弱してしまうというのが、医師の方の意見でした。 よって併用は避けた方がいいというのが結論です。

デュタステリドまとめ

フィナステリドよりも明らかに効果が高いと思えるデュタステリドですが今一パッとしません。

その理由は、デュタステリドは、別に新薬が開発されたわけではなく、もともとあったものです。
そして、今までの評判ですが、決して良かったとは言えません。というか、フィナステリドが中心的なものだったので、デュタはやっていないという人が多いかもしれません。

医者でも、今までは「プロペシアが良い」という人が多かったわけです。
なぜなら、AGAの薬としては、プロペシアしか国から認めてもらえなかったからです。

今回、デュタステリドのザガーロが認められたので、手のひらを反すように、「プロペシアより、ザガーロである。」と言う、しょうもない医者もいます。

なので、今は正直、「こっちの方が絶対に良いよ」という答えは出せません。

ただ、何度もいいますが、治ったら終わりという薬ではないのです。
デュタは効果が高い分副作用も大きいといえます。フィナに比べると臨床試験の結果もまだまだ少ないです。

性欲の減少などすぐに体の異変を感じ取れるような副作用は正直フィナとあまり変わらないような気がしますが、肝臓への負担はこちらの方が大きいような気がします。

よっていきなりデュタステリドではなく、ミノフィナから入り、効果が今一だった場合はフィナステリドをデュタステリドにするという形がベストだと思います。

まずはミノフィナでしょうか→おすすめのミノフィナ組み合わせ