2016-07-31_221159
遺伝などによりAGA(男性ホルモン脱毛症)が発祥し髪が薄くなってきた時の治療法は、ミノキシジルフィナステリドです。通称【ミノフィナ】と言い、ハゲてきたらミノフィナで復活させるというのが最も一般的なものです。

しかし、フィナステリドに限っては、フィナステリド以上の効果が望めるものがあるのです。 それがデュタステリドです。

フィナステリドとデュタステリドを比べる場合、5αリタクターゼというものが大きく関係しこの5αリタクターゼについて詳しく知る必要があります。

5αリタクターゼとは

AGAとは簡単に言うと男性ホルモン(テストステロン)が5αリタクターゼという酵素と結びついてDHTになり、このDHTがAGAの犯人ということでした。→AGAとはして5αリタクターゼにはⅠ型とⅡ型と2種類あります。

5alfa

Ⅰ型は皮脂腺の中にあり、体中のありとあらゆる毛に影響を与えます。 Ⅱ型は毛乳頭にあり、その中でも前頭部~頭頂部などの限られた場所に存在します。 頭髪で言うと

  • 前頭部~頭頂部は5αリダクターゼⅠ型、Ⅱ型両方存在
  • 側頭部、後頭部は5αリダクターゼⅠ型のみ存在

images かなりハゲてしまってもⅠ型のみの側頭部と後頭部はくっきりとそこだけ髪が残ります。 つまり、男性型脱毛症(AGA)では前頭部〜頭頂部が薄毛になり、5αリダクターゼⅡ型が原因と言われているのです。

フィナステリドとデュタステリドの違い

  • フィナステリドは5αリダクターゼⅡ型のみに作用
  • デュタステリドは5αリダクターゼⅠ型、Ⅱ型両方に作用

ハゲになる部分はⅡ型が原因と言われているので、どちらでもいいような感じですね。では実際効果に違いがあるのでしょうか。

デュタステリドの効果

米国皮膚科学会の臨床試験では、ザガーロ0.5mgはプロペシア1mgに比べて1.6倍の発毛効果があるという結果になっています。

ザガーロ0.5mgというのはデュタステリド(成分名)が0.5mg入いっている商品の名前です。 プロペシア1mgというのはフィナステリド(成分名)が1mg入いっている商品の名前です。

デュタステリドの副作用

こうして見るとデュタステリドの方がかなり効果が高そうですが、副作用に関してはどうなのでしょうか?

【プロペシア1mg副作用】
48週間の二重盲検比較試験において、276例中11例(4.0%)に14件の副作用が認められた。
主な症状は精力減退3例(1.1%)、
勃起機能不全2例(0.7%)等であった。

【アボルブ0.5mg副作用】
国内臨床試験において、403件中44例(10.9%)に臨床検査値異常を含む副作用が報告された。
その主なものは、勃起不全13例(3.2%)、
精力減退7例(1.7%)、
乳房障害(女性化乳房、乳頭痛、乳房痛、乳房不快感)6例(1.5%)であった。

基本的にはデュタステリドの副作用はフィナステリドと似たような感じだと考えて問題ないと思います。

ただデュタステリドの方が効果が高い分、副作用も大きいとされています。
臨床試験において10.9%という数字はすごく高い数字ではありませんが、プロペシアと比べると高いと言えます。

掲示板などでは特に性欲の減少といったものが目立つといった感じです。 

デュタステリドがAGAの治療薬として認められているのは日本以外では韓国だけですが、韓国では、フィナステリドを一定期間処方し、効果が見られなかった患者に対してデュタステリドに切り替えるというのが治療の基本のようです。

デュタステリドの耐性について

多くの育毛のサイトでは「デュタステリドは耐性がつきやすい」とされています。

耐性とは体が薬に慣れていき、だんだん薬が効かなくなることですが、実際にはどうなんでしょうか?

「デュタステリドは耐性がつきやすい」という理由にフィナステリドと違いデュタステリドはステロイド系の薬だからと言っているサイトが多いです。

色々調べると確かにデュタステリドはステロイドと似た構造をしていますが、それはフィナステリドも同じ事で、フィナもデュタもステロイド系の薬ではありません。

耐性に関しては、フィナステリドでも、あると言う人とないと言う人で別れ、耐性が現れる期間もまちまちです。 5年、10年と長い間薬によって維持している人もいれば、数年で髪が薄くなってきたという人もいます。
それが、耐性によるものか年齢などによるものかなどは、証明するのはとても難しいことです。

耐性がまったくないとは言いませんが、あまり気にする必要はないと思います。それとデュタステリドに限り耐性がつきやすいというのは間違った情報だと思っています。

いよいよ日本でザガーロが発売されました

皮膚科の病院やAGAの専門のクリニックに行った場合、処方されるのはプロペシアです。

AGAの治療薬としてのデュタステリド入りの商品は日本にはありません。 アボルブというデュタステリド入りの商品はありますが、こちらは前立腺肥大の治療薬です。

前立腺肥大の治療薬(アボルブ)をAGAの治療薬として使って下さいということで、デュタステリド入りの商品を処方するクリニックもあります。 しかし、ほとんどの病院ではまずはプロペシアという形が一般的でした。

そして、販売延期など色々ありましたが、

とうとう2016年6月13日より発売開始されています。

そうなると、フィナステリドではなくデュタステリドの方を選ぶ人も増えていき、デュタステリドの知名度もかなり上がっていきそうです。

 

 

では事項は、実際にどのようにデュタステリドで髪の復活を目指すのかです。