2016-07-23_223307

「おれの親父ハゲてるからおれもやばいかも」
と思っている人は多いのはないでしょうか。

ちなみに僕の親父はハゲていません。
よってセーフかと思いきや

親父ふさふさ
兄貴ふさふさ

そして・・・俺ハゲ Σ( ̄ロ ̄lll)

ん?どういうこと ( ̄へ ̄|||) ウーム

これは、僕がハゲ始めた頃にいだいた疑問です。

自分がAGAであるか又はこれからAGAになるのかを考えた場合、遺伝というものはとても大きな要因となります。なぜならAGAの一番の原因は遺伝だからです。

AGAと遺伝の関係

遺伝子というのはまだまだ分かっていない分野ですが、薄毛は遺伝子によってかなりの部分が実験などにより解明されてきています。

AGAは男性ホルモン(テストステロン)が5αリタクターゼと結びつきDHTとなり、このDHTが悪さをするということでしたね。

 

男性ホルモンは誰でもあるのになぜ「ハゲる人」と「ハゲない人」がいるのでしょうか?

それはですね、DHTの感受性(影響の受けやすさ)が遺伝によって決まっているのです。
例えるなら、お酒でも強い人と弱い人がいますよね、そんな感じです。

  • ハゲやすい人=DHTの感受性が高い。
  • ハゲにくい人=DHTの感受性が低い。

ということです。

ハゲ遺伝子は母方から受け継ぐ

では、なぜ僕が親父がハゲていないのにハゲてしまったのだろうか?
DHTの感受性の高さを決める遺伝子は誰から受け継ぐのか?

これがうちの家系図!
iden-1

では上の図について簡単に説明していきます。

男は父親からY染色体、母親からX染色体を受け継ぎます。
(ちなみに女は父からX、母からXです。)

感受性の高さを決める遺伝子(アンドロゲンレセプター遺伝子)=
薄毛遺伝子
はX染色体の中に含まれています。

よって、図を見ればわかるが薄毛遺伝子は母親から受け継ぐのです。

ハゲが隔世遺伝と言われる由来

よく「ハゲは隔世遺伝である」とか言いますよね。
言い方を変えると、「ハゲは両親ではなく、おじいちゃんやおばあちゃんから遺伝する」ということですが、果たしてその真相は?

答えはブブー、間違いですね。
両親はじいちゃん、ばあちゃんから遺伝しているので、じいちゃん、ばあちゃんの影響はありますが、遺伝は両親からです。

では、なぜ「ハゲは隔世遺伝である」と言われるのか?
それは「そういう風に見えるから」です。

母親がハゲやすい遺伝子をもってても、女だからハゲないですよね。
お母さんを見てもハゲやすいかどうかというのは、わからないのです。

その場合、母親のお父さんがハゲていた場合、「おじいちゃんからのハゲが遺伝した」というように見えるということです。
実際は おじいちゃん→お母さん→僕 ということですね。

なるほどね
どうりで僕がハゲたわけだね
って ヾ( ̄o ̄;)オイ

ハゲと遺伝まとめ

こうして見ると、ハゲは母方しか影響しないのか?という感じですが
そんなことないですよね。
まわりや芸能人なんかを見れば分かりますが、親父さんのハゲは明らかに遺伝に関係してます。

遺伝という分野はまだまだこれからで、分かっていないことばかりの難しい分野です。

ただ、一つ言えるのは、両親や親戚などに髪の薄い人がいない方が、断然ハゲにくいということです。

しかし、
「遺伝だからしょうがない」なんて思っていたら、それで終わってしまいます。

「絶対にハゲるものか~」と立ち向かうべきです。

要は、ハゲないように努力する。ハゲてきたのならそれを治せばいい、ただそれだけです。
精一杯努力して、薄毛とおさらばです \(o ̄▽ ̄o)/