hed01

薄くなってきた、どうしよう((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

僕は二十歳位から髪に悩んできたので、こういった恐怖はとても分かります。

ただし、悩んでいただけでは何も解決しません。

そしてあまり悩み込むのはストレスになり髪によくありません。

 

ということで、
楽しく学んで行きましょう。(^^)/

 

まずは、薄くなっていく原因です。  

  • なんかおでこが広くなってきた。
  • てっぺんが薄くなってきた。
  • 最近やたら抜け毛が多い。

 

など症状は様々ですが、
「どうして薄くなっていくのでしょうか?」

 

薄毛になる原因をグラフに表してみました。
これは単なる一例で、割合などは適当です。
しかし、遺伝によるものが大きく関与しているのは確かです。

2016-07-23_151159

遺伝によるものが大きいですが、遺伝だけでなく、いろいろな原因が重なりあって、髪が薄くなっていくのです。

 

ということは、

これら一つ一つを取り除いていけば良い

ということですね。
薄毛になる原因をすべて改善していけばいいのです。

遺伝とAGA

ハゲになる原因は、遺伝の要素が大きいという話をしました。

これはどういうことかと言うと
遺伝によって、「ハゲやすい体質」と「ハゲにくい体質」が決まるのです。

そしてハゲやすい体質とは、
AGAを発症しやすい体質ということです。

ちょっとややこしいでうが、大丈夫です、段々わかってきます。

そして、このAGAについては次回詳しく学びます。

まとめ

サイトによっては、ハゲる原因は生活習慣が一番関係している。そして、「遺伝の原因は少しである」と言っていたりします。

それは間違いです。
確かに生活習慣も大事ですが、残念ながら遺伝の影響が大きいのです。

どんなに不規則な生活をしようが、どんなにストレスを溜めようが、どんなにタバコをやろうが、ハゲない人は何をやってもハゲません。

同じような生活環境の中にいる兄弟でも、弟が薄くて、兄はフサフサだったりするのです。

どう考えても、遺伝の影響は大きいですよね。

 

ただ、かと言って、「遺伝だからしょうがない」ではありません。

むかしは「ハゲを治す薬を発明したらノーベル賞だ」なんてことを言ったりしました。

しかし今は、「ハゲは治せる時代」といっても過言ではありません。

ハゲやすいなら、ハゲにくくすればいいのです。

ただ、それだけです(^^)/

ではでは^^