2016-08-01_033842
よく「ホームレスにハゲはいない」とか言われるが、「いない」は大袈裟にしても、本当に少ないのだろうか?

結論を言うと、実際はそんなことはなく、上野公園で統計をとったものがあり、これを見ると平均以上の薄毛率でした。

では、なぜこのように言われたのかというと、これは個々のイメージによるものだそうです。

確かにホームレスの人をイメージしてみると、ハゲているというより長髪でバサバサという感じがします。

あと、これは僕自身の考えですが「ふりかけ効果」もあるのでは、と思います。

「ふりかけ」とは髪が薄くなった所に粉をまぶし、薄毛を隠すというアイテムです。→「ふりかけ」についてはこちら

髪を洗わないので、しかも吹きっさらしの状態が多いと、髪にたくさんホコリが付着してバサバサになります。これが多少、「ふりかけ効果」になるのでは、と思います。

むかし、何度か手伝いで職人の仕事をしたことがあるのですが、家の壁を張っていくというものでした。

風の強い日だとほこりとかで、かみに結構砂ぼこりがつき、髪が増えたような気がしたのを覚えています(^^;