2016-07-24_191626さて、引き続きミノキシジルについて詳しく見ていきます。

薬は内服薬と外用薬があります。

ミノフィナの場合ですが、フィナは「内服薬」で、ミノキは「内服薬」と「外用薬」の両方です。

ミノキシジルの濃度による違い

フィナステリドは飲み薬のみで濃度という観点はありませんが、ミノキシジルの塗り薬には濃度というものがあり、これが結構重要になります。

【リアップ(ミノキ1%)とリアップ×5(ミノキ5%)の毛髪数の変化】
2016-07-24_195054 
こちらの臨床データはリアップとリアップX5を使用した時の1㎠当たりの総毛髪数の変化をグラフ化したものです。

ミノキシジル1%よりも5%の方が効果があるのがわかります。

海外のものではさまざまな濃度があり、16%という濃度が高いものもあります。
どの濃度を使うかは薄毛の進行具合で決めていく形になり、かなり進行している人は、より濃度が高いものを選ぶ必要があるでしょう。

ミノキシジルタブレットとは

ミノキシジルは外用薬とは別に経口薬(飲み薬)もあります。
ミノキシジルの経口薬はミノキシジルタブレットといい、通称「ミノタブ」です。
ミノキというと「外用のミノキシジル」で、ミノタブというと「ミノキシジルタブレット」と言う感じです。

では外用薬と経口薬とではどう違うのでしょうか?

これは、効き目が全然違います。

ミノキ外用1%<ミノキ外用5%<<<ミノキ外用16%<<<<<<<<<<<<ミノタブ

こんな感じです。
外用では皮膚表面から毛包までなかなか効率よく浸透はしませんが、経口の場合は血液によって全身そして毛包へも確実に運ばれます。よって内服タイプの方が効果が高いのです。

では「ミノタブでいいじゃん」となりそうですが、実は副作用が問題なのです。

ミノキシジルタブレットの副作用

ミノタブの副作用は重要なことですのでしっかりと読んで下さい。

ミノキシジル外用の副作用

ミノタブの副作用の前にまず外用薬の方を言いますと、塗り薬なので重大な副作用は、ほとんど無いといっていいでしょう。
動悸( 心臓がドキドキする)を訴える人がいますが、ごく稀です。

最も多いのは「頭皮のかゆみ」です。

僕の場合もかゆみがありました。最初は気になりましたが、つねにかゆかったわけではないので我慢できるレベルでした。いつの間にか、かゆみは無くなったという感じです。

あまりにもかゆみがずっと続いたり、かぶれたりする場合は他の商品に変えた方がいいかもしれないですね。種類はたくさんあります。

ではミノタブの副作用についてです。

まずミノタブを発毛剤として認可している国はどこにもありません。海外の「血圧の下げる薬」を発毛剤としてかってに飲んでるだけです。
ただ、専門のクリニックでもミノタブを使用しているところは多いです。

では実際にどんな副作用があるかというと、
一番の副作用は毛深くなることです。

いろんなサイトを見るとほとんどの人が毛深くなると言ってます。

他にどんな症状があるかというと

  • 動悸・・・心臓がバクバクする
  • 胸痛・・・心臓あたりがチクチクする
  • 頭痛・・・ずっしりと頭が痛くなる
  • 眠気・・・昼間でも眠くなる
  • むくみ・・・特に顔がむくむ
  • 低血圧・・・もともと血圧を下げる薬なので低血圧の人には良くない
  • 肝臓疾患・・・肝臓の病気の原因

このようにいろいろありますが、外用のように極少数ではなく、何かしらの症状を訴える人の数は決して少なくないということです。

ミノキシジルタブレットまとめ

はっきり言うと発毛にはミノタブが最強です。
そしてかなり薄くなってしまった人が、発毛により復活したいのであれば、ミノタブしかないというのも事実です。

逆に言うと、かなり薄くなっても、ミノタブで復活のチャンスが大きいということです。

副作用はありますが、「ミノタブで効果なし」なんて考えられないというレベルです。

しかし、ミノタブは最終手段です。
段階を踏み、効果がいまいちであった場合のみミノタブであり、いきなりミノタブはやめましょう。

ミノタブを使用した感想

では僕がミノタブを使ったときの事を書きます。
最初はミノキとフィナを両方やったのではなく、フィナを単独でやりました。

そして、これでかなり復活してしまったのです。

その後、ミノキ外用を挟んでのミノタブだったので、
正直言うと、「あまり効果は感じなかった。」というのが本音です。

フィナとミノキ外用でかなり復活したあとだったからでしょう。

天辺は埋まっていたのですが、M字の部分の完全復活を目指しミノタブをしましたが
「ミノタブすげえ」とはなりませんでした。

使用したのは1年です。今では、フィナとミノキ外用という感じです。(^-^

副作用はというと

  • おでこや、目のまわりに産毛がけっこう生えた
  • ここの毛こんな長かったっけ現象(手や足の指の関節と関節の間とか)
  • 動悸が一回・・・ミノタブのせいか分からない

といった程度です。
腕や、すねなど結構毛深くなるのかと思いきや、ぜんぜんでした。
僕の場合ですが、正直副作用は、全くといっていいほど、大したことありませんでした。

チャンチャン